スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本最高峰富士山への道 6
2007 / 07 / 14 ( Sat )
まずは無事に帰ってきました。
さすがに疲れました(^^ゞ

結果から話しますと、山頂まで行けずでした。

敗因は色々ありましたが・・・


大きく分けて2つ

① 天候
② 高山病

といったところでしょうか。


長くなるかもしれませんが、順を追って書きます。


最後の最後まで、富士宮口登山道か吉田口登山道かで
決めかねていたんですが、
最終的に静岡県及び宿泊する宿に電話をし、確認を取った上で
富士宮口登山道を登ることにしました。


12日 0時 待ち合わせ
       運転を交代しながら、富士山を目指す

    5時 富士山麓に到着

       雨だと思っていたのに、雨も降っていなくて
       頂上こそは見えないけれど、富士山の勇姿を見て大興奮!

    6時 富士山5合目に到着(ここまでは車)

       この時点で、まず1つ目の思い違い
       7月も中旬だったので、
       登り始めは半袖Tシャツで行けるだろうと思っていたんですが、大間違い!
       朝ってこともあったんですが、
       このとき気温11度・・・寒い

    8時 登山開始

       ここでも間違い
       夜中運転をしてきているわけで、二人とも寝不足
       高山病になることを懸念して充分な仮眠が必要だったはずなのに、
       富士山の勇姿に興奮してしまって
       僅か1時間程度の仮眠で済ましてしまい、登山を開始してしまった・・・
       完全な寝不足状態・・・

    5合目~6合目~新7合目

       ここまでは登山も順調!
       新7合目に着いた頃に、ポツリポツリ程度の雨
       ここで雨具を装着

    新7合目~旧7合目

       この間に、風雨共に激しくなってきて
       登るのに難儀してしまった
       特に風は激しく、気を抜くと足を取られるほどに。
       旧7合目で休憩を取るつもりでいたが
       旧7合目にある宿では「休憩お断り」の看板が・・・
       仕方なく、8合目を目指して登山開始

    旧7合目~8合目

       風雨さらに激しくなり、また気温もどんどん下がっている
       さらに空気が薄くなり、激しい風の中での呼吸は厳しい
       常に深呼吸をしている感じ
       8合目に着いた頃には、風雨が酷く
       8合目の宿の方には親切にして頂き、休憩がてら
       カップラーメンを食べて身体を温めた

       9合目で宿を取っていたので、食後に出発
       
       この時点で、風雨が本当に激しかったのだから
       9合目の宿には申し訳ないが、8合目で宿泊すべきだったかなと。
       一旦休憩した身体は、緊張の糸が途切れてしまう寸前に・・・

    8合目~9合目

       この間の登山が一番の苦労でした
       空気はさらに希薄になる中
       風雨はさらに激しさを増す一方・・・
       子供なんかは絶対に登れないような状況
       突風の連続で何度飛ばされそうな思いをしたことか・・・
       真剣に「ヤバイな・・・」と何度思ったことか・・・

       8合目で宿の主人に「まだ登るの!?」と
       言われたときに気付くべきであったのかもしれない
       登れる天候ではないということに・・・。
           
       風雨は嵐の中を思わせるような感じでした
       足を取られ、一瞬でも気を抜けば
       風に身体を持っていかれそうになり
       雨は横から降り続き、顔に当たれば
       「痛っ!」と声を上げるほど激しく・・・

       今までで一番時間を掛けて登ったところでした・・・

    9合目到着

       やっとの思いで到着
       「やっと着いた・・・」
       このことが切れかけていた緊張の糸を完全に切ってしまうことになり・・・
       ここにきて、最初の寝不足が大きく響いてきて
       完全な高山病の症状がドッと出てしまった
       頭痛と悪寒・・・
       到着時間は14時を過ぎた頃だったから
       5合目から6時間を掛けて登ったことになります
       
       濡れたものをストーブの前で乾かしながら
       高山病と闘う・・・
       が、症状の改善が見られないまま
       18時半に夕食、そして就寝

       寒さに凍えそうになりながら
       必死に寝ました・・・


13日 3時 宿の方が起こしに来てくれるも高山病は治らず
       しかも、天候は悪天候のままで
       ご来光は絶望的との話でしたから
       そのままさらに眠る・・・

    5時 前日早くから寝たのもあって、早く目覚めてしまった
       しかし、高山病の症状は良くならず
       下山しか手が無いような状況・・・
       天候は少しは改善したものの、山頂は雲に覆われ
       見ることも出来ない・・・

       9合目で海抜3460メートル
       山頂まで残り300メートルあまり
       約1時間強の道のり

       高山病であること
       天候が思わしくなく、山頂からの景色は絶望的であること
       僅か300メートルを残して下山するのは
       なんとも歯がゆい感じでしたが
       下山を決定・・・
       
       今思えば何とも苦い決定でしたが
       あのとき、あの一瞬では、それが最善でした
       実際あのまま登っていても、どうなっていたか・・・


下山行程までは書きませんが、9合目から5合目まで
かなりゆっくり下山して約4時間半かかりました。

ひとまず大まかな行程だけを書きました。
あと少し書きたいことがありますが、また後ほど。


↓ 大興奮した12日朝5時頃の富士山の勇姿

DSC_0019590.jpg

スポンサーサイト
09 : 59 : 21 | | コメント(4) | page top↑
<<日本最高峰富士山への道 7 | ホーム | 日本最高峰富士山への道 5>>
コメント
--Re:日本最高峰富士山への道 6--

天候が良くならなかったね…、残念(^^;;
数字にすると300メートルでも、実際の登山ルートだと数キロは歩くんだよね?
無理しすぎるのも危険だから、最善の決断として、またの機会に楽しみをとっておくとしましょう。
無事帰宅ということで、お疲れ様でした(^^ゞ

写真の富士山、頂上だけに綺麗に雲か何かがかかって見えるんですが(汗)
あれは問題ない物体?(汗爆)
by: わか * 2007/07/15 03:24 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:日本最高峰富士山への道 6--

わかさん
 天候の回復無く残念無念でしたけど
 まぁ、それはそれで良しってことで!
 またリベンジしますよ!!!

 富士山の山頂にあるのは
 「かさ雲」ってヤツですよ!
by: ヒトリグミ * 2007/07/15 04:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

お疲れ様。
無事に帰って来れて何よりです。
よかったよかった。

9合目まで6時間というのは、たぶんハイペースですよ。とはいえ、それだけのペースで
富士山を登れるなら、登頂の日は近いです。

次回は睡眠を十分にとり、今回の1.5倍~2倍の時間をかけるペースでいけば大丈夫でしょう。

by: 名古屋人 * 2007/07/17 08:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

名古屋人さん
 無事には帰って来れたものの・・・
 山頂まで行けずガックシでした・・・

 曇り空であったこと、興奮して仮眠できなかったことから
 ハイペースになってしまったかと・・・

 かならずリベンジします!!!(^^♪
by: ヒトリグミ * 2007/07/17 17:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。